出入り口に設置し非接触で測定
タブレット型サーマルカメラ

対ウイルス安全管理・ 予防対策に!

対ウイルス安全管理・ 予防対策に!


体温測定 高精度(±0.3℃)体温測定
●AI顔認識・マスク認識
音声アラーム・通知機能

店舗

オフィス

介護施設

学校

保育園

ジム

などに

タブレット型サーマルカメラ サーマルタブ TMT-01Sの特長

タブレット型サーマルカメラ サーマルタブ TMT-01Sの特長

店舗入口、入場ゲートなどでリアルタイムに入場者の表面温度を表示し、結果を音声でお知らせします。
マスクの非着用者には、音声でマスクの着用を促します。
AI顔登録機能も備え、マスクを着用していても個人を判定することが可能です。
効率的な測定、管理によって効果的に安全管理・予防を行い、人的コストも削減することができます。

おもな機能

高精度測定

映った人物を±0.3℃の精度で表面温度を表示します。予め設定した値を超えた場合、音声で異常を知らせたり、アクセス制御システムと連携して入場を禁止することが可能です。

音声アラート機能

測定の異常、マスクの非着用、顔登録の有無を0.5秒で判定し、「マスクを着けてください」、「顔登録がありません」などの音声アラームでお知らせします。

AI顔認識

顔データベースを照合し、登録の有無を0.5秒で判断します。AIの機械学習によってマスクを着用していても人物の特定が可能です。

入退室管理

顔認証機能と組み合わせて、従業員の出勤・退勤チェックに活用できます。通過した人物を日時別に検索し、その人物の登録名、表面温度の表示、マスク着用の有無を一覧で閲覧できます。

複数端末一括管理

複数のカメラの映像視聴、ログ管理、顔登録を1つのPCで行うことができます。LAN内のカメラが異常を検知すると、PCでも同時にアラート発報することが可能です。

データベース

10万件の画像を記録することができ、その中から最大22,400人分を顔登録して個別に記憶することができます。PCソフトから顔画像を一括登録することも可能です。

タブレット型サーマルカメラ サーマルタブ TMT-01Sのメリット

サーモグラフィーカメラ
(複数人を同時測定タイプ)の場合
●価格が非常に高額。
●画面確認を行うため、常駐スタッフが必要。
非接触式体表面温度計
(額を焦点にして測定するタイプ)の場合
●測定を行うため、常駐スタッフが必要。
●接触機会が多く、担当者に感染リスクがある。

タブレット型サーマルカメラの場合

来場客が自発的に測った結果を音声でアラートしてくれるため、 人が張り付く必要が無く、人件費の抑制効果、感染リスクの軽減効果があります。

設置場所例

店舗、オフィス、ショッピングモール、スーパー、スポーツジム、学校、介護施設などで使用できます。

店舗
オフィス
ショッピングモール
スーパー
スポーツジム
保育園・幼児園
学校
介護施設

上記以外にも、各都道府県の情報もございます。

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

24時間受付(原則、2日以内に返信いたします)

お見積り・ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください!

〒902-0068 沖縄県那覇市真嘉比2-4-1 205号室
TEL 098-882-1717 FAX 098-882-1718

グループ会社

Copyright © 興産アメニティ株式会社 All Rights Reserved.